第2回POP交流フォーラム「イベント業界における働き方を考える」3月23日に開催決定


イベント・展示会・MICEの専門紙誌を出版するピーオーピーは3月23日(木)、東京・ハロー会議室小伝馬町(東京都中央区日本橋小伝馬町1-3 共同ビル4階)で第2回POP交流フォーラム「イベント業界における働き方を考える」を開催する。

第1回POP交流フォーラムのようす

第1回POP交流フォーラムのようす

 

近年政府は「働き方改革」を重点課題と位置づけている。既に個別のテーマ議論は終了し、3月には具体策を盛り込んだ実行計画をとりまとめる方針だ。業務効率化による長時間労働の是正をはじめ、女性や高齢者の活躍、ダイバーシティの推進などは喫緊の課題であり、イベント業界も類に漏れない。

横田幸恵氏

横田幸恵氏

しかし、働き方改革と一口に言っても具体的に何をどうすればいいのか頭を悩ませている人も多いだろう。

そこで今回、基調講演に働き方のスペシャリストである横田幸恵氏(クオリティ・オブ・ライフ代表/MBA(経営管理修士)/公益財団法人21世紀職業財団客員講師/関西学院大学専門職大学院客員講師)を迎え、「働き方改革は企業の経営課題」と題した講演のなかで、働き方改革推進の背景から関連法の動向、働き方の見直し方に至るまでをお話しいただく。

 

また、イベント業界において先進的な取り組みを実践している方々をパネリストに迎えてディスカッションを行うことで、働き方を考えると共に具体的な解決策につながるヒントを得られるシーンを創出する。

柴垣裕保氏(丹青社) 五座有紗氏(日本コンベンションサービス) 森本秀彦氏(グリフィン)
左から順に柴垣裕保氏(丹青社)、五座有紗氏(日本コンベンションサービス)、森本秀彦氏(グリフィン)

フォーラム終了後には参加者による情報交換・懇親会も実施する。交流を深めるのみならず、相互の情報を共有すればきっと新たな課題解決の糸口が見えてくることだろう。

参加料は1人あたり2,000円(税込)。定員は30名で満員になり次第締切となる。イベント業界の今後を担う方、働き方を改革したいが何から手を付ければいいのかお悩みの方は是非ご参加いただきたい。

申込用紙は こ ち ら 。もしくは maruta@eventbiz.net まで「フォーラム参加希望」というタイトルでメールすること(本文は未記入でも可)。

**********************************

講師プロフィール

横田 幸恵 

関西学院大学専門職大学院経営戦略研究科修了。百貨店で社内教育トレーナー、法人向け研修教育企業で営業・企画・講師・マネジャーを経て独立。現在、仕事と育児・介護の両立、女性活躍推進、ダイバーシティ・マネジメントなどの講演や研修で活躍中。

パネリストプロフィール

森本 秀彦 氏

1996年大学卒業後、15年間システムエンジニア職に就く。2011年株式会社グリフィン入社。プロモーション企画営業部に所属。社内環境改善を担当しワークライフバランスの実現に向けた活動を実施中。

柴垣 裕保 氏

2002年丹青社入社。2008年より人事部に所属。愛妻家で恐妻家。栃木県出身。

五座 有紗 氏

大学卒業後、物流企業にて5年間人事を担当。その後JCSへ入社し、人事部にて主に新卒採用や教育研修を担当。

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...