優先交渉権者は「前田・GL eventsグループ」
愛知県国際展示場コンセッション


愛知県は12月21日、愛知県国際展示場コンセッションの優先交渉権者を公表した。

鳥瞰_北西から20171012優先交渉権者は「前田・GL eventsグループ」。代表企業がGL events SA、構成企業は前田建設工業㈱、協力企業は㈱KSAインターナショナル。
GLeventsはフランス・リヨンに本社を置くグローバル企業で、展示場やコンベンションセンターなど世界24カ所39施設を運営。主な運営施設は展示面積13万㎡のユーロエキスポ(リヨン)や9万㎡のサンパウロエキスポなど。主催事業も展開し、主な展示会では出展企業が約3000社の農業食品展「SIRHA」など。

提案のポイントは、世界トップクラスの事業者による世界最高レベルの展示場運営、官民連携によるプロモーション展開、保税展示場の利点の最大化とグローバルなPR、先進的なデジタル技術の導入による魅力ある任意事業の展開など。

提案された運営権対価の額は8.82億円(税抜)。今後は、来年1月に基本協定の締結を予定している。

 

購読案内 通常号

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...