【人を惹きつける映像演出:事例紹介⑤】映像・音響・照明が織りなす夜の水族館~タケナカ/シムディレクト~


映像・音響・照明が織りなす夜の水族館

~タケナカ/シムディレクト~

新江ノ島水族館で約半年にわたり開催する「ナイトワンダーアクアリウム2016~月光に漂う水族館~」の総合演出を手掛けた。大水槽のプロジェクションマッピングをはじめ、13のエリアでインタラクティブな演出、照明と音の演出などを展開し、各コンテンツの連なりを意識した。来場者が水族館本来の魚の姿を楽しめるよう、水槽面にはあえて演出を行なわず「今夜、魚たちと同じ夢を見る」というコンセプトのもと、来場者と魚が同じ空間にいるような感覚を体験できる。

【画像1】 【画像2】

●イベント:ナイトワンダーアクアリウム2016~月光に漂う水族館~/新江ノ島水族館
●使用機材:プロジェクター約30台(Panasonic製、EPSON製)、キューブ型LEDディスプレイ45台 など

☞ 特集:【人を惹きつける映像演出】目次

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
Tags: