【2021年最新版】この秋、見逃せないオンラインイベント一覧

最近、オンラインイベントが大きな注目を集めています。従来のイベントとは違って、自宅や会社から気軽に参加できるというのは大きなメリットです。これまで地方に住んでいてなかなか参加できなかったり、忙しくてスケジュールが合わなかった人も、この機会にぜひオンラインイベントに参加してみてはいかがでしょう。

ここでは、この秋に見逃せないとっておきのオンラインイベントを紹介します。(8月27日更新)


第33回マイナビ 東京ガールズコレクション2021 AUTUMN/WINTER
会期:9月4日(土)
主催:東京ガールズコレクション実行委員会
対象:B to C
参加費:無料
公式サイト:https://tgc.girlswalker.com/21aw/

「日本のガールズカルチャーを世界へ」をテーマに2005年8月から年2回開催している国内最大級のファッションフェスタ。VR空間アプリ「バーチャルTGC」を使うことでバーチャル空間に再現されたTGCを、好みのアバターとなって楽しめる。

 

一万人のエイサー踊り隊2021オンラインINバーチャルOKINAWA
会期:9月4日(土)
主催:(株)あしびかんぱにー
対象:B to C
参加費:無料
公式サイト:https://virtualokinawa.jp/

 

 

 

 

創作エイサー団体“琉球國祭り太鼓”の他、各団体によるエイサー演舞、琉球舞踊や沖縄空手、獅子舞演舞など、沖縄伝統芸能のパフォーマンスを体感できる。バーチャルな国際通り上には、沖縄物産などをその場で購入することが出来る屋台も出現。

 

DXが変革するマネジメントのあり方やエンタテインメントの世界
in デジタル甲子園
会期:9月7日(火)~10日(金)
主催:阪急阪神ホールディングス(株)
対象:B to B
…………………………………………………….参加費:無料(登録制)
…………………………………………………….公式サイト:https://www.hh-digital.jp/d-koshien/

阪神甲子園球場を再現した3Dの「デジタル甲子園」で開催するオンライン展示会。NTTコミュニケーションズや東芝など26社が出展するほか、河野太郎国務大臣ら約25名の著名人による講演を予定。

 

イメージ画像

SoftBank World 2021
会期:9月15日(水)~17日(金)
主催:ソフトバンク(株)、SB C&S(株)
対象:B to B
参加費:無料(登録制)
公式サイト:https://www.softbank.jp/biz/events/softbank-world/

今年で10回目を迎える、ソフトバンクグループ最大規模の法人向けイベント。今回のテーマはDX(デジタルトランスフォーメーション)。基調講演には孫正義氏や宮内謙氏、宮川潤一らが登壇予定。

 

Vマ+ 2021 秋の陣
会期:9月23日(木)~25日(土)
主催:2021 Vマ運営委員会(アクロスロード(株)、
   スペースラボ(株))
対象:B to C(C to C)
参加費:無料(登録制)
公式サイト:https://vma.virtual-space-market.com/

アバターを自由に動かしてバーチャル店舗でおしゃべりしながら買い物をしたり、ライブ会場でバーチャルアーティストの生配信を見たりできる同人即売会。

 

TOKYO GAME SHOW 2021 ONLINE
会期:9月30日(木)~10月3日(日)
   ※9月29日(水)はオンライン商談のみ開催
主催:(一社)コンピュータエンターテインメント協会(CESA)
対象:B to C(B to B)
参加費:無料(一部有料)
…………………………………………………….公式サイト:https://tgs.cesa.or.jp/

アジア最大級のコンピューターエンターテインメントの祭典。2020年に引き続きオンライン開催とし、一部インフルエンサー・プレス向けに幕張メッセを会場として使用。公式番組の配信に加え、Amazonには特設会場を設置する。

 

CEATEC 2021 ONLINE
会期:10月19日(火)~22日(金)
主催:(一社)電子情報技術産業協会(JEITA)
対象:B to B
参加費:無料(登録制)
…………………………………………………….公式サイト:https://www.ceatec.com/

国内最大のIT・家電見本市。「共創」をテーマに、サイバー空間とフィジカル空間の融合により経済と社会課題の解決を目指す「Society 5.0」の実現を目標に掲げる。企業エリア、Society 5.0エリア、Co-Creation PARKの3エリアによって構成。