次世代委員会初の若手勉強会を実施
~日本コンベンション協会【MICEニュース】


【写真B-1】JCMA次世代勉強会

1月25日、日本コンベンション協会(JCMA)次世代委員会は東京・リビエラ青山で「第1回JCMA次世代勉強会」を開催した。参加者は若手会員56人。

会の冒頭、主催を代表して次世代委員長の南崎康貴氏が挨拶。同委員会初の試みである勉強会について「今日のために企画を試行錯誤し、1年近くの時間をかけた」として、個人のベースアップにつなげてほしい旨を述べた。

勉強会のトップバッターはJTB総合研究所MICE戦略室長の小泉靖氏が務め、「業界団体の役割と将来のMICEについて」と題し講演を行った。

小泉氏は講演の中でMICEの基本的な概論を解説するとともに、日々の業務の中でMICEをうまく演出・オペレーションすることにとらわれ、本来の目的を見失いがちではないかと疑問を提示。誰がどんな目的でMICEを開催するのか、原点に立ち返る必要があると訴えた。また、海外団体との交流など業界団体としての課題を列挙し、若手に委員会活動などで積極的に関与してほしいと檄を飛ばした。

 

※「見本市展示会通信」772号より抜粋(2018年2月15日発行)

購読案内 通常号

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...