MICE(マイス)とは?わかりやすく解説

5.MICEに眠るビジネスチャンス

MICEについて、その意味から使い方などを説明してきましたがいかがでしょうか。

MICEはひとくくりにした言葉ではありますが、MとIとCとEのそれぞれの意味や役割に加え、3ページ目で説明したMICEに存在する3つのポジション別での捉え方があるため、掘り下げると奥深く、すそ野の広い産業であることがわかります。

その産業の広さに目をつけ、ビジネスチャンスが眠ると注目されはじめました。実際に英会話教室だった企業が地元で開催するMICEの通訳事業をはじめたり、伝統工芸職人が海外の参加者に配布するMICEグッズの制作を受注するなど、一見関係なさそうな企業がMICE産業に参入し、活躍しています。

「展示会とMICE」ではMICEで活かせるビジネスのアイデアを届けるため、「主催」「運営・サポート」「会場」「国・地域」への取材を行い、成功事例としてMICEの開催、サポート・受け入れ体制強化に役立つ情報を発信しています。

MICEについて学んだみなさんはここで「『展示会とMICE』ってEが展示会だから意味が重複しているじゃないか!」と気づくでしょう。その通り、でもこれは私たちが展示会情報に特に強いため、あえてMICEから出してアピールしているのです……。

多くのビジネスチャンスが眠っているMICE、みなさんもMICEに自分たちがどのように関わるのか、住んでいる地域にどのような影響を与えるのかを考えてみてください。