ハノーバーメッセに来年も日本パビリオン~JMA/RRI

ドイツメッセは最新の産業技術・製品が一堂に会す世界最大級のBtoB専門展示会「ハノーバーメッセ」を2019年4月1日から5日にかけて、ドイツ・ハノーバー国際見本市会場で開催する。

インダストリー4.0を打ち出したドイツが誇る同展は、製造業のための最新の技術・ソリューションが一堂に会する場であり、世界中の製造業関係者が来場する。今年に引き続き、2019年も日本能率協会(JMA)ドイツメッセ日本代表部ならびにロボット革命イニシアティブ協議会(RRI)が共同で、日本政府が掲げるコネクティッド・インダストリーズとその関連技術、製品、ソリューション、最新事例を世界に発信する場として、ジャパンパビリオンを設置する。規模は100㎡を見込む。

Copyright:Deutsche Messe
Copyright:Deutsche Messe

(HANNOVER MESSE & CeMAT 2018
Research and Technology: Leading Trade Fair for Research, Development and Technology Transfer. Christian-Albrechts-Universität zu Kiel, Halle 2, Stand C07)

2018年には、パビリオンには6社が出展したが、好評を受けて2019年は10社を募集。パビリオンの設置場所は、ハノーバーメッセの人気エリア「デジタルファクトリー」を予定している。パビリオンの構築に当たり、支援サポーターも併せて募集する。ジャパンパビリオンの参加料金は60万円で、申込締切は11月30日。サポーター料金は18万円で、申込締切は2019年1月31日。

 

見本市展示会通信」785号より抜粋(2018年9月1日発行)

購読案内 通常号


メールマガジン発行中!

メールマガジン〔展示会とMICEニュース〕は無料です。配信をご希望の方は、下記にメールアドレスとお名前をご入力の上、 「登録」ボタンを押してください。

サンプルはこちら)ニュースダイジェスト、今週のイベント スケジュールなど

メールアドレス
お名前(全角文字で入力してください。)