政府 イベント・展示会開催の人数制限基準「50%以下」変更の可能性

西村経済再生相は6月12日の記者会見で、新型コロナウイルス感染拡大防止のための屋内イベント開催制限について、緩和の可能性があることを示唆した。

(→関連記事:政府がイベント・展示会の人数制限緩和に向け都道府県に通知(7月8日))

「8月から基本的に定員の50%以下での開催をしていただくということで人数制限は考えていないが、劇場などから2分の1では採算が厳しいという話も聞いている。AIシミュレーションも活用しながら、感染症の専門家だけでなく、施設に関する流体工学の専門家、イベント企画や施設管理の関係者による検討会を設け、議論を進める」と語った。

政府はかねてより国内の感染拡大状況を踏まえ、段階的にイベント開催の制限を解除していく方針で、今回は屋内イベントの収容率や人数上限の目安などが既存のものから変更される形だ。

(↓現在の目安 厚生労働省 第36回新型コロナウイルス感染症対策本部(配布資料)より)