2016年のイベント市場規模は16兆5314億円に~日本イベント産業振興協会が推計~


日本イベント産業振興協会(JACE)は、2016年1月から12月までの国内イベントの来場者の消費額に関する調査を行い、そこから国内イベントの消費規模を推計し発表した。それによるとイベントに対するさまざまな支出を合わせて推計したイベント消費規模は、前年比12・9%増の16兆5314億円となり、5年連続の増加となった。

カテゴリー別の推計値は、会議イベント1兆9135億円、見本市・展示会1兆6106億円、文化イベント2兆3329億円、スポーツイベント2兆8468億円、フェスティバル2兆6317億円、販促イベント9835億円、興行イベント4兆2124億円となり、ここ数年伸びていたフェスティバル系イベントに代わり見本市・展示会、文化イベント、スポーツイベントが伸長。イベント会場内における支出のみの推計は前年比2・8%増の3兆1877億円となった。

JACEはさまざまなカテゴリーのイベントに実際に足を運ぶ生活者の消費額を平成24年より定期的に調査。イベントビジネス市場を推計していくための調査企画の準備を進めていることもあり、5回目となる今回は生活者、来場者視点であることを明確にするため、タイトルを「イベント消費規模推計」に刷新した。今回から「イベント消費規模推計報告書」は、ベースとなる「イベント来場者の消費額と意識に関する調査報告書」を一冊にまとめて提供。これにより消費総額だけでなく、イベントと来場者の現状をカテゴリーごとに詳細に考察することが可能となる。

同報告書は公式HP(http://www.jace.or.jp/)より購入することができる。

<過去の報告書>

・2015年(平成27年)版はこちら

・2014年(平成26年)版はこちら

013年(平成25年)版はこちら

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...