国内最大級のカーペット敷きのホールでさらなる誘致を パシフィコ横浜ノースがお披露目 

パシフィコ横浜ノースが公開された。パシフィコ横浜ノースは6337㎡の多目的ホールと42の会議室を有する大型MICE施設。新型コロナウイルス感染拡大により、4月24日の開業以降、予定されていたイベントは中止になっていたが、緊急事態宣言解除を受け、6月2日に報道関係者を対象に内覧会を実施した。

最大の特徴である国内最大規模のカーペット敷きの多目的ホールは円卓で2340名を収容可能。高級感を演出できることからMICE開催前後のパーティー、式典等がワンストップで行える。施設内にはパシフィコ横浜として初となる礼拝室も設置された。
中山こずゑ社長は、「この多目的ホールでオープニングイベント『さだまさしディナー&コンサート』を実施したかった。企画が実行できれば、一括でパーティーを行う際の良いショーケースになったと思う。次の機会に期待したい」とコメント。

中山社長

また気に入っている箇所として隣接するザ・カハラ・ホテル&リゾート横浜との間の植栽空間(オーシャンパティオ)を挙げ「すでに周辺の住民たちが犬の散歩に来たりしている。地元の方たちとの接点が生まれることで『パシフィコ横浜っていいね』と親近感を持ってもらえたらいい。地域と密着した施設にしていきたい」と語った。
また選ばれる施設として「リアルとITのハイブリット型MICEの提案をしていく必要がある。『パシフィコ横浜に来ればMICEに付加価値が生まれる』と思ってもらえるようにしたい」と述べた。パシフィコ横浜は旅行業取得や周辺施設の広告業などの事業展開のほか、セグウェイを利用したパトロールなど新たな取り組みを進めている。
今後、新型コロナウイルス感染症の感染状況が落ち着いた際には、主催者向けの内覧会の開催も計画したいとしている。