日本映像機材レンタル協会(JVRA)海外視察ツアー報告会
パネルディスカッションパートⅡ:InfoComm 2018

パネルディスカッションパートⅡ:InfoComm 2018

■登壇者
コーディネーター:シーマ 石丸 隆 氏
アシスタント:光和 西 雄基 氏
パネラー:映像センター 篠崎 結花 氏
銀座サクラヤ 中川 雄貴 氏
シネ・フォーカス 前田 美菜穂 氏

インフォコム


石丸 ここからはInfoComm(インフォコム)2018の視察報告です。今年はアメリカのラスベガス・コンベンション・センターで開催。放送関係の展示会「NAB Show」もこちらで開催しているので、ご存じの方は多いかと思います。今回のインフォコムはどうでしたか。

■THE ラスベガス

篠崎 私は今回、初めての海外展示会視察で、期待に胸をふくらませ参加しました。そのような中、インスタ映えと言いますか、ラスベガスの街を象徴したエントランスは衝撃的でした。紫を基調色に、全体的にポップでかわいい雰囲気で統一されていて良かったです。

石丸 今年はきっとテーマカラーが紫なんですね。毎回違うが、大体いつも派手ですよね。派手な演出があると気持ちがどんどん上がっていくので、こういったエントランスも面白いと思います。

篠崎 中に入ってみると、意外と展示そのものはシンプルで、機材が見やすい展示会だと感じました。

写真F

■利用シーン拡大に期待

篠崎 今回のインフォコムはデジタルサイネージの展示が多かった印象です。中でも実際に目で見た色とディスプレイの色を比較してみて色再現性が優れていると感じたのはQLED(サムスン)です。

西 これは量子ドット(QuantumDot) の技術を利用したディスプレイのことで、発色がすごく良い。有機EL(OLED)も確かに綺麗だが、サムスンは有機EL とは違う方向でアプローチするようですね。

篠崎 さらにマイクロLED テレビのThe Wall(サムスン)も綺麗でインパクトがありました。

西 私もとても良いなと思いました。他社からも高解像度でカラー深度が大きい製品が出ている中でも特にThe Wall は良かった。

中川 “ 世界初のマイクロLED テレビ” と謳っていましたね。今後はサイズがより小さくなって一般家庭にも普及するのでしょうか。同様の技術を用いているもので、私が気になっているのは、クリスタルLED ディスプレイ(ソニー)です。映像も綺麗ですし、パブリックビューイングやイベントでも活躍機会は増えるかもしれません。

写真G

石丸 来場者の皆さんがスマホで動画を撮っているので毎回、クリスタルLED を出展しているソニーのブースは滞在時間が長い。それだけ注目されているのだと思います。

中川 マジックステージシリーズ(YES TECH) の多様な形のLED ディスプレイは、創造性豊かな表現ができて面白いと感じました。

石丸 画面の端をアール(曲線)で組むという形も作れますが、例えば日本の展示会現場だとLED ディスプレイ本体を露出させるケースはあまり多くないという実情もあります。
どうでしょう、我々の仕事に活かせそうですか。

西 見せるオブジェとしては良いですが、1回きりの使用で終わってしまうと我々のビジネスとしてはちょっと難しいので面白い効果的な使い方を考えてみたいですね。

前田 私が一番気に入ったのは、スポットライト型プロジェクター(エプソン)です。プロジェクター感がまるでないところが良い。今後、輝度がさらに上がっていけば使用頻度も高まるかなと思います。

写真I

■視察ツアーの成果

前田 私は、4月に新しくにできた「自社が持つ、新しい機材を普及させていこう」という部署に所属したことをきっかけに、勉強も兼ねて今回の視察ツアーに参加しました。

石丸 自身が展示会で見た製品を後々、実際の現場で扱うことになる機会も多いと思います。事前の勉強という意味では、この視察ツアーは非常に有意義だと感じます。
皆さんの学びを教えてください。

前田 印象的だったのはサムスンブースです。商品サンプル(化粧品)を手に取るとセンサーが反応し、目の前のディスプレイに映像が表示されるという仕組みなのですが、化粧品の使用前と使用後の美しい映像が流れ、とても説得力のあるプロモーションだと感じました。

西 おそらくこの展示は、色再現性が優れたサムスン製品は化粧品の宣伝にぴったり、ということを伝えたい意図があるのだと思います。発色が良いからこそ活きる演出ですね。
私は今回のツアーを通じ、色んな会員の皆さんと親睦を深められた点が良かったです。

前田 ライバル会社同士のはずなのに、情報交換や交流を深めて、お互いプラスの関係を築き合っているこの業界が改めて面白いと感じました。あまり無かったJVRA 内の横のつながりができ、今回参加して良かったと実感しています。

 

<<パートⅠへ戻る


InfoComm 2018
6月6日~8日、アメリカ・ネバダ州ラスベガスで開催したプロAV 機器産業のための展示会。今回は約44,000人の来場者を集めた。次回InfoComm 2019は6月12日~ 14日、フロリダ州オーランド(オレンジ・カウンティ・コンベンション・センター)で開催予定。


 


◆JVRA座談会アーカイブス

第1回 ビジュアル空間をつくるプロフェッショナルのシゴト
第2回 ~プロが語る仕事の舞台ウラ
第3回 観客を魅了するステージ演出の舞台ウラ
第4回 日本全国で活躍するJVR協会の仲間たち
第5回 イベント・ステージ業界で活躍する女性たちの仕事
【2016年】海外展示会(ISE・InfoComm)視察ツアー報告会2016
第6回 映像演出の世界で輝く女性たち~女性が活躍できる場を目指して
【2017年】海外展示会(ISE・InfoComm)視察ツアー報告会2017
第7回 イベントを成功へ導く調整役は今日も走る


メールマガジン発行中!

メールマガジン〔展示会とMICEニュース〕は無料です。配信をご希望の方は、下記にメールアドレスとお名前をご入力の上、 「登録」ボタンを押してください。

サンプルはこちら)ニュースダイジェスト、今週のイベント スケジュールなど

メールアドレス
お名前(全角文字で入力してください。)